王道のワンボックス、トヨタ・3代目ライトエース

1988年に登場したトヨタの3代目ライトエースは、キャブオーバー型のワンボックスミニバンで、助手席側のみにスライドドアを採用した4ドア・7~9人乗りです。

エンジンは2.0Lのガソリンタイプとディーゼルターボタイプが搭載され、多人数乗車でもパワフルな走りをもたらします。トランスミッションは4速オートマチックまたは5速マニュアルが設定されています。駆動方式はFRの他、手動切り替えが可能な4WDシステムを搭載しています。手動切り替え型のデフロック機構を搭載し、山道や雪道などの悪路も走破できる性能を有しています。

ボディタイプはロールーフとハイルーフがラインナップされ、ハイルーフタイプには手動開閉式ガラストップが設定されていました。

主力の7人乗り仕様車は、前1列目2人・中央の2列目はスライドドア付近に補助席を設けた3人・後2人という仕様で、2列目シートは回転が可能で、3列目と対面も可能で移動中の家族団欒にも活用されています。2列目と3列目のシートはヘッドレストを取り外してフルフラットにすることが可能で車中泊もこなせます。3列目は左右跳ね上げ式になっており広大なラゲッジルームを作ることが可能で、自転車などの大きな荷物を積載することが可能です。

ライトエースへ乗り換えするさいに便利なのが今の車の査定価格を知ることですよね。そんなときに役に立つのが査定相場をしることができる那覇 車買取なんです。ほんと便利な世の中になりましたよね。

燃費走行を心がける

普段から燃費には気を遣っていて、車に表示されている燃費メーターの上がり下がりに一喜一憂している自分がいます。まあ、街中を走っているとどうしても燃費は下がってくるので仕方がありませんが、その分を週末の遠出で取り戻すようにしています。あ、ちなみに私はドライブが何よりの趣味で、週末ともなれば往復500キロ程度の道のりを日帰りでこなしています。

海沿いの信号のない広々とした道路なんかは、燃費を向上させるのにうってつけの場所です。ここでは上り下りを計算し、極力燃費メーターがマックスの状態を維持するように工夫しています。これが奏功し、帰ってくる頃には、毎回0.5/リットルくらいは燃費がアップしていますよ。これがねえ、ドライブをするうえで一番の醍醐味だったりするんですよねえ。

本来の目的の観光や食事よりも、車の燃費の事が常に頭にあって、それを考えるのがすごく楽しいんです。燃費はガソリン代に直結しますから、低燃費走行を心がければ、年間に換算すると随分と出費が抑えられます。また、環境にも優しいですし、燃費がアップすると何とも言えない達成感や充実感で満たされるんですよね。とまあ、低燃費走行は私にとってもはや趣味のような感覚であり、皆さんで言うところのサッカーやビリヤードみたいなものなんです(ちょっと変わってるけど)。

車の買い替えで八戸 車買取で一括査定のうまみについて知りました。素直に下取りに出さなくて正解でしたよ。まったく。

見た目のカッコよさに惚れたマークXを買うことが出来ました

街で見かけてあの車すごくカッコいいなとずっと思っていたマークXを買うことが出来ました。他のどの車よりもカッコいいなと思っていましたし、次に買うのなら絶対にマークXにするぞと決めていました。

いい車なので私にとってはいい金額ですし、買うことが出来るまで時間がかかってしまいましたが、マークXのオーナーになることが出来て本当に嬉しいです。物を買ってこんなに嬉しくなった経験はないくらい興奮をしました。

車の買い替えには帯広 車買取がおすすめです。下取りに出すよりも高く車が売れるので損しないんですよね。。。

マークXを大切にして長く乗っていくことが出来るといいです。こんなに好みの車はないので、ずっとマークXに乗っていたいと思うほどです。これ以上の車は私にはないかなと感じるくらい気に入っています。

マークXは見た目だけではなくて、運転をするのも楽しいです。安定感がすごくあるので、気持ち良くドライブをすることが出来ています。車を運転することが楽しいですし、運転をしていて不安を感じるようなことがないすごく良く出来た車です。

カッコいいなと一目惚れをした車ですが、走行性能などの他の部分にも満足です。存在感のある車なので人目を引きますし、所有をしていて満足出来ています。いつ見てもカッコいいですし、いい車を買うことが出来てよかったです。

MINIの魅力に少しだけ迫ってみます

私はしばらくの間「ミニクーパー」というのは企業名だと思っていました。周りにもそう思っていたという人が居て、二人で大笑いしたことがあります。色々聞くと、企業名は「MINI」で、「ミニクーパー」というのは単なるモデル名なんですね。

この車がデビューしたのは1959年だそうで、当初は「モーリス・ミニ・マイナー」と「オースチン・セブン」というふたつのブランド名で登場したそうです。最新モデルではファミリー層を意識したラインナップになっていると言われていますが、当時から全長わずか3060mmの中に大人4人が乗れるように設計されていました。狭い室内空間をいかに有効的に使われているんですね。

レースやラリーでも大活躍し、今でも国内だけで年間21000台以上も購入されているのだそうです。ハッチバックタイプの MINI3ドアやMINI5ドア、ステーションワゴンのMINIクラブマンやオープンタイプのMINIコンバーチブルなど、多くの魅力あるモデルが並んでいます。

初代MINIは全長3054mmでしたが、2001年にBMW傘下に入ってからは少しずつサイズアップしています。ステーションワゴンのタイプでは全長4270mmもありますが、MINIの持つ雰囲気は決して失われておらず、

可愛らしさに伸びやかな優雅さをプラスした車になっています。

ミニクーパーの高価買取のことなら名護市車買取が参考になりますよ。

トヨタのアクアに乗ってみて

燃費が日本有数の良さで有名なトヨタアクアを運転する機会がありました。

 

ちょっとドライブ旅行で遠方に出かけるのにレンタカーを借りたのですが、幸運なことにほぼ新車のアクアを借りることができたのです。それまではアクアどころがハイブリット車を運転することも初めてだったので、ちょっとワクワクしていました。

 

アクアを運転して印象に強く残ったのは2つほどありました。

 

一つ目はエンジン音が静かすぎるということでした。慣れないうちはエンジンがかかっているのかいないのかよくわからないという状態になってしまい、何回もイグニッションをひねってしまったり、エンジンがかかっているのに、かかっていないと勘違いしてしまったりとかなり戸惑いました。

 

二つ目は高速道路の走行が多かったせいでしょうか、燃費が自分が思っていたほどよくなかったことです。もちろん他のガソリンエンジン車と比べるとかなり良かったことは間違いない事実ですが、あまりに運転する前に燃費がいいと頭に入っていたせいかそれほどとは感じなくなっていたのでしょうか。あとから聞けば、高速道路ではバッテリー走行ではなくほとんどがガソリンエンジン走行になるということだったのでやっと納得できました。

 

アクアでも買ってみようかと久留米市車買取.comで今の車の査定をしてみました。古い車でも売り方次第では高く売れるのでビックリしました。

 

軽自動車が徐々に売れなくなってきたらしい

軽自動車の税金が引き上げられたので前年度よりは売れていないらしいですね、やはり高くなると新車が売れなくなるのは仕方ありません。

また4人までしか乗れないために家族が多い家庭は普通車にするしか手はないですので4人家族ならば軽自動車ですね。

維持費も安く税金も普通車よりも安いので良いのですが街乗りならば問題なしです、でもさすがに高速などで遠くまででかけるにはきついものです。

特に泊まりに関係するものでしたら荷物も乗らなくお泊りはきつい旅行となるでしょう、近い将来に軽自動車も改革が進んでくるでしょう、人数も4人から増えることだと思いますがやはり税金が上がり続けるのは嬉しくないものです。

また今だに軽自動車にハイブリッド車は出ていません、似たようなシステムは有りますがそのうち出てくるでしょう、電池の容量も価格も下がり気味ですしまた重さも軽くなってきていますので期待したい技術分野です。

このように軽自動車には期待したい日本独自のハイテク装置が入っており一番最新テクノロジーの塊なのです。

小さなスペースに盛り込まれないとなりませんので節約しつつ小型化しないとなりませんので技術屋の腕の見せどころなのであり実用性にメーカーも予算を賭けていますからね。