トヨタのアクアに乗ってみて

燃費が日本有数の良さで有名なトヨタアクアを運転する機会がありました。

 

ちょっとドライブ旅行で遠方に出かけるのにレンタカーを借りたのですが、幸運なことにほぼ新車のアクアを借りることができたのです。それまではアクアどころがハイブリット車を運転することも初めてだったので、ちょっとワクワクしていました。

 

アクアを運転して印象に強く残ったのは2つほどありました。

 

一つ目はエンジン音が静かすぎるということでした。慣れないうちはエンジンがかかっているのかいないのかよくわからないという状態になってしまい、何回もイグニッションをひねってしまったり、エンジンがかかっているのに、かかっていないと勘違いしてしまったりとかなり戸惑いました。

 

二つ目は高速道路の走行が多かったせいでしょうか、燃費が自分が思っていたほどよくなかったことです。もちろん他のガソリンエンジン車と比べるとかなり良かったことは間違いない事実ですが、あまりに運転する前に燃費がいいと頭に入っていたせいかそれほどとは感じなくなっていたのでしょうか。あとから聞けば、高速道路ではバッテリー走行ではなくほとんどがガソリンエンジン走行になるということだったのでやっと納得できました。

 

アクアでも買ってみようかと久留米市車買取.comで今の車の査定をしてみました。古い車でも売り方次第では高く売れるのでビックリしました。

 

軽自動車が徐々に売れなくなってきたらしい

軽自動車の税金が引き上げられたので前年度よりは売れていないらしいですね、やはり高くなると新車が売れなくなるのは仕方ありません。

また4人までしか乗れないために家族が多い家庭は普通車にするしか手はないですので4人家族ならば軽自動車ですね。

維持費も安く税金も普通車よりも安いので良いのですが街乗りならば問題なしです、でもさすがに高速などで遠くまででかけるにはきついものです。

特に泊まりに関係するものでしたら荷物も乗らなくお泊りはきつい旅行となるでしょう、近い将来に軽自動車も改革が進んでくるでしょう、人数も4人から増えることだと思いますがやはり税金が上がり続けるのは嬉しくないものです。

また今だに軽自動車にハイブリッド車は出ていません、似たようなシステムは有りますがそのうち出てくるでしょう、電池の容量も価格も下がり気味ですしまた重さも軽くなってきていますので期待したい技術分野です。

このように軽自動車には期待したい日本独自のハイテク装置が入っており一番最新テクノロジーの塊なのです。

小さなスペースに盛り込まれないとなりませんので節約しつつ小型化しないとなりませんので技術屋の腕の見せどころなのであり実用性にメーカーも予算を賭けていますからね。