MINIの魅力に少しだけ迫ってみます

私はしばらくの間「ミニクーパー」というのは企業名だと思っていました。周りにもそう思っていたという人が居て、二人で大笑いしたことがあります。色々聞くと、企業名は「MINI」で、「ミニクーパー」というのは単なるモデル名なんですね。

この車がデビューしたのは1959年だそうで、当初は「モーリス・ミニ・マイナー」と「オースチン・セブン」というふたつのブランド名で登場したそうです。最新モデルではファミリー層を意識したラインナップになっていると言われていますが、当時から全長わずか3060mmの中に大人4人が乗れるように設計されていました。狭い室内空間をいかに有効的に使われているんですね。

レースやラリーでも大活躍し、今でも国内だけで年間21000台以上も購入されているのだそうです。ハッチバックタイプの MINI3ドアやMINI5ドア、ステーションワゴンのMINIクラブマンやオープンタイプのMINIコンバーチブルなど、多くの魅力あるモデルが並んでいます。

初代MINIは全長3054mmでしたが、2001年にBMW傘下に入ってからは少しずつサイズアップしています。ステーションワゴンのタイプでは全長4270mmもありますが、MINIの持つ雰囲気は決して失われておらず、

可愛らしさに伸びやかな優雅さをプラスした車になっています。

ミニクーパーの高価買取のことなら名護市車買取が参考になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です